カングーとアウトランダーPHEV〜次期代替候補に求めるもの — カングーとさんちゃんとつれあいとFancy Apple-Style Icon Slide Out Navigation - Codrops
2015

カングーとアウトランダーPHEV〜次期代替候補に求めるもの

outlander_phev

我が家が次期代替候補に求めているもの…

  • ウチのつれあいが満足できるドラポジ空間とレトロデザインSUV
    「小さなボディーに広々空間」なカングーにすっかり馴染んだカラダを満足させるには新型カングーかワンランク上の車種を選ぶしかありません。そしてなにより「古臭いデザイン志向」と「クルマに合わせる運転が苦手」なウチのつれあい次第、とも言えます。
  • 低燃費
    KanGoo2に食指が動かないおおきな要因が、旧態然のエンジン・ATでありますが、1.2Lターボ・DCT仕様に変更されたとしても燃費が劇的には向上しないのは悩ましいトコロです。つれあいの関心は三菱のPHEVに釘付けでありますから…

     

  • 4WD
    かつてSUZUKI:X-90に乗っていた頃は、林道ツーリングから尻込みせずに林間コースに分け入ったりもしてました。カングーで同じことはなかなか難しい…つれあい的には「また行きたい!」らしいので

現時点で…
ウチのつれあいイチバンのお気に入りが、三菱:アウトランダーPHEV

 

outl_kangoo

基本設計年度が20年前のカングー1、プラットホーム自体も現行カングー2より下のクラスのものだったのでPHEVとはディメンジョンが全く違います。シートの座面高さもカングー1の方がぐっと低いです。

全長で650mmも長いアウトランダーですが、運転席ヘッドレスト基準で比較するとホイールベースが大して変わらない割にフロントオーバーハングがけっこうに過大、後方荷室容量も実質的には大幅に増量するわけではありません(25%増程度)

ずっとワイドに見える全幅もサイドミラー間幅だと大きくは変わらないし、サイドウインドウ上端幅だと実はほとんど同じです。だから乗車感は「少しだけ大きい」くらいな感じだし、頭上空間に至っては「狭くはないけど…」カングーと比較にはなりません。たぶん車内の使い勝手としては車格程には改善しないだろうと踏んでいます。

代わりに居住の上質感はグンと跳ね上がるし、念入りに補強された車体剛性でオフロード性能、高速巡航性能は比べるもなく最高…なんだろうなぁ

ジブンがイチバン気にしているのは「普段使い」に馴染むクルマなのかというコト…なのだがこればかりはじっくり乗り込んでみないと解らない。
だから申し込んでみようと思います。

 

common_main01_ttl_01

ウチの駐車スペースへの出入りとか確認しなくては…意外にも最小回転半径5.3mとカングー(5.2m)とほぼ変わらないですが、プラス65cmの全長にはてこずるやもしれません。と一見前向きではありますが実際の処、まだまだ物見遊山の延長であります。

ーーーーーーーーーーーーーー

続:カングーとアウトランダーPHEV
〜kangoo2との比較〜

Google Analyticsによれば、この2日間「アウトランダーPHEV」の検索キーワードでサイト訪問された方で「カングー」に興味を持ったらしいヒトというのがどうやら300人くらいいたらしい。また現行型カングーとの比較のほうがもしかしたら現実的やもしれないということで、比較を追加してみました。

※動力性能から言えば全く比較にならない2台なので、同じテーブルに乗せて検討してるヒトはあまりいないと想うのですが…

outl2

設計年度やプラットホームクラスが近しい2台、シート座面高さやコンソールの高さ、ホイールベースなんかは不思議なくらいほぼほぼ同じです。

トレッド幅の数字だけなら現行カングーの方が僅かに大きい位なワイドボディーですが、非常識に”ぶ厚いドア”のせいで旧型に比べてもそれ程には広々した印象はないです。設計年度が近しい2台なのでホイールベースやピラーのディメンジョンはよく似てるように見えます。それでもまだ全長で400mmほどアウトランダーは長いですねぇ…

 

モデル ルノー
カングー
ゼン (AT)
三菱
アウトランダーPHEV
M
トランスミッション 4速AT CVT
全長 mm 4,280 4695
全幅 mm 1,830 1800
全高 mm 1,810 1710
ホイールベース mm 2,700 2670
トレッド (前 / 後) mm 1,520 / 1,535 1540
最小回転半径 5.1m 5.3m
車両重量 kg 1,460 1820
定員 5 5
総排気量 L 1.598 1,998
最高出力 kW(ps)/r pm(EEC) 78(105) 87(118) + 60(82)+ 60(82)
最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC) 148(15.1) 186(19) + 137(14)+ 195(19.9)
駆動方式 前輪駆動(FF) 4WD
タイヤ 195/65/R15 215/70/R16

 

実用域での面白みを演出してくれるカングーに乗って以来、我が家にとって絶対動力性能は重要なファクターにはなっていません。そういう意味ではもっとスペックダウンしたPHEVモデルが追加された方が懐具合的にもやさしいというもんなのですが…

 

———————————-

 

カングー ◀ 記事一覧