カングー 77,000kmぶりのプラグ交換〜NGKイリジウムMax 長寿命の謳い文句に偽りなしだが… — カングーとさんちゃんとつれあいとFancy Apple-Style Icon Slide Out Navigation - Codrops
2014

カングー 77,000kmぶりのプラグ交換〜NGKイリジウムMax 長寿命の謳い文句に偽りなしだが…

昨年の車検時にプラグ点検時、特に失火兆候もなかったのと「…まだイケルかも」というノリで、38,000km走行時に交換した「NGKイリジウムMax」をそのまま115,000km走行まで使ってみました。さすがに最近エンジンの掛かりが若干悪くなったのと燃費も低下傾向なので、実に5年ぶりにプラグ交換してみました。

ピンの要に細い電極が特徴のイリジウムプラグなのだが…

始めの頃は”こまめにプラグ交換”も考えていたのですが、長寿命が謳い文句のNGKイリジウムMax、どれほどロングライフなんだろう…という方に関心があったのでここまで引っ張る結果になった次第です。

ホントに久しぶりのプラグ交換、手順をおさらいして作業開始。左側から2番目のイグニッションにささっているコネクタが取りにくいし、固定してるボルトを落とすと手が入りません。気をつけましょう。

77,000km走行したプラグを見ると…

こんな状態になってもプラグとして最低限に機能していたのは驚きですが、もはや「極細電極の集中スパーク、加速する火炎」には無縁だったでしょうね

(↓コチラが新品時の電極)

NGK:イリジウムプラグの特徴

<試走インプレ>

イグニッションONですぐに解るくらいエンジンの掛かりがいいです。そしてアイドリング時も明らかに静か…
更にじわっとアクセルONでも以前は”モサッと”だったのが、ピクリと反応したあとスムースに進み始めます。走り始めたら”ハッキリ”わかる程トルクの上乗せを実感できます。それから変速マナーも昔の感じに戻っているし、この分なら燃費にも好影響に違いないです。明確な失火が確認されないからと言ってもプラグの着火性能は体感的にも劣化してたんですねぇ。

なんだぁ…もっと早く交換すれば良かった…です。

カングー ◀ 記事一覧